言葉で快感を高める

セックステクニックの一つ
セックスで興奮を高めるためには、ただ性器を交えているだけではなくさまざまなテクニックを使用することで更なる快感を得られることでしょう。
そのテクニックには身体的な技法といったものもありますが、精神的なものもあります。
その一つが、「言葉攻め」です。
相手に卑猥な言葉を聞かせたり逆に口にさせて羞恥心を煽ることで、興奮を掻き立てるというテクニックです。
アダルトビデオの男優がよく使っているのを見ますが、あんなのはあくまでも演出の一環で本当に効果があるのかと思っている人もいるでしょう。
また、自分で実践してみたいけれども恥ずかしくて、いざとなると躊躇してなかなか口にできないという人も少なくないはずです。
結論から言うと、言葉攻めはかなり効果のあるセックステクニックの一つといえます。
しかし無理をして口にしたり相手に言わせようとすると、その場の雰囲気が悪くなったり相手に嫌われてしまう恐れもありますよね。

言葉は必要不可欠
リアルなセックスにおいて言葉攻めは必ずしも不可欠なものではありませんが、テレクラではなくてはならないものとなります。
黙っていては相手も興奮しませんし、それではただ電話を手に自慰をしているのと同じです。
吐息を聞くだけでも感じるという人もいますが、やはり物足りません。
テレクラでは、エッチな言葉、卑猥な言葉を口にすることが非常に大切なのです
とはいえ、そんな言葉はスムーズに出てくるものでもありませんし、特に初心者なら何を言えばいいのかさえ分からないでしょう。
だからといって黙りこくっていては、テレクラはできません。
「恥ずかしい」と思うとなかなか言葉は出てこないものです。
ですから、あくまでも自分がAV男優になった気分で演技をするのです。
恥ずかしいのは自分が自分だから、他人になって演技をすれば恥ずかしさは薄れるはずです。

お互いにルールとマナーを守りテレクラを楽しむ

どの世界にも、ルールやマナーを守れない人は少なからずいるものです。
それはテレクラであっても例外ではなく、やはりルールやマナーを守らない人がいたりするのです。
例えば、本来テレクラをする関係であれば、それ以上の関係を求めてはいけないわけです。
にも関わらず、出会いの誘いをしたり、リアルでのエッチを求める人もいたりするのです。
しかし、相手からすればテレクラだからこそ応じているわけですから、実際のセックスを求められても、それはとても迷惑な話なのです。
ですから、絶対にテレクラの相手に対しては、出会いにしてもエッチにしても、リアルのお誘いはしないようにしましょう。
あくまでも、テレクラだけの関係に留めるべきなのです。
そして、相手とは電話を通じての会話になるため、どうしても暴言を吐く人や、身勝手な振る舞いをする人もいたりするのです。
ネットと同じように、相手の顔が見られないのをいいことに、ストレス発散やイタズラ目的で、そういった行動を取る人もいるのです。
でも、そんなことをされば、相手からすれば非常に不快な気分になりますし、人によっては傷つけられることもあるわけです。
もし自分がそんなことをされたら、絶対に嫌な気分になるでしょうから、それを相手にやるのは絶対NGなのです。
他にも、勧誘や宣伝などの、テレクラ本来の目的とは明らかに違う目的で利用するのも、ルール違反となりますから控えるようにしましょう。
中には、テレクラというツールを悪用して、お金を儲けようと企む輩もいるので、そういった相手と出くわしても絶対に無視するようにしましょう。
これからも、多くの人がテレクラを気持ちよく利用するために、一人一人がルールをしっかりと守り、マナーを意識しながら利用することが、今後のテレクラ進展のために重要なのです

欲求を晒し出したい人たち

「あれをして欲しい、これもして欲しい。だけど変態だ痴女だの思われたらどうしよう・・・」と、思い悩む女性は多いです。
また男性にも、同様のことが言えます。漸く出来た彼女を逃すまいと、本来の性癖を隠して交際している人は、意外なほど多いのです。
そんな時は、捌け口としてテレクラが役立ちます。
関係を継続する予定もなければ、実際に会うこともない。テレクラは安全性が高いだけでなく、“相手に拒絶されても全く問題がない”というメリットがあります。故に、性癖を押し殺す必要がありません。
また、日頃は絶対に使えないような卑猥な言葉も、言いたい放題です。実際にテレクラをしていると、AVや官能小説も真っ青の言葉を連呼する人がいます。
とはいえ、行き過ぎた言葉は下品なだけです。程々に加減して、場を盛り上げる起爆剤として活用するが吉といえます。
語彙に自信がない場合は、教科書として官能小説をおすすめします。「手元に置いておくのは恥ずかしい」「誰かに知られたらどうしよう」と不安があれば、電子書籍という選択肢もあります。
何はともあれ、挑戦してみることです。はじめてのテレクラほど緊張する瞬間はありませんが、そうした羞恥心も含めて刺激になります。
手っ取り早いのは、ネットテレクラの利用です。相応の利用料が掛かりますが、パートナーを探す手間は殆どありません。
0円で楽しみたい場合は、無料タイプの出会い系でパートナーを探し、スカイプや携帯電話を使用しましょう。通信費は掛かりますが、ネットテレクラのような利用料は発生しません。

彼女を好きだからテレクラしてます

マンネリしてきた…
僕には付き合ってもうすぐ2年になる彼女がいるのですが、すごく相性がいいと思っています。
そして友達に言わせるとちょっと驚異的なくらい、いまだにラブラブ状態なんです。
本当に何もかもが相性ピッタリなんですが、本当は一つだけ問題があるんです。
あまり大きな声ではいえないんですが、それって実はセックスなんです。
というか最初のうちは彼女とのセックスはお互い燃え上がり、それこそ毎日のように楽しんでいました。
ええ、セックスの相性もピッタリだったんです。
でも半年過ぎたころからでしょうか、何となく彼女とのセックスが以前のように楽しめなくなってしまったんです。
その原因は、別に彼女に飽きたということではなく一種のマンネリなんです。
そりゃそうでしょう、同じ相手と毎日のように半年間もセックスをしていればマンネリにもなってしまうのも仕方がありませんよね。
しかし彼女への気持ちはいまだに変わっていませんし、これからも変わるつもりはありません。
だからなおさら、セックスが上手くいかないだけで彼女との関係がおかしくなるのは避けたいと思いました。
刺激を求めて
そこで友達に相談してみたところ、何と浮気を薦めるじゃありませんか。
彼女とは違う女性とセックスをすることで、改めて彼女とのセックスが刺激的になるというんです。
けれども僕はそんなことは絶対にしたくないと思い、何とか別の方法をと考えたところ思いついたのがテレクラでした。
これなら浮気にはならないでしょうし、別の女性とセックスしているような感覚になってとても刺激的です。
そう考えて、とにかく一度試してみることにしました。
結論から言うと、大正解でした。
テレクラをはじめてからというもの、不思議なことに彼女とのセックスがとても新鮮に感じられるようになったんです。
おかげで以前にも増して、僕たち二人はラブラブです。
もちろん彼女には僕がテレクラをしていることは内緒ですけれどもね。

テレフォンクラブ
色々なテレクラ情報を掲載してるサイトなのでテレクラを探している方にオススメです。